トップページ海外農業研修 > アプレンティスシップ(国内実習)

アプレンティスシップ(国内実習)

国際感覚を持った農家で実習をしてみよう

アプレンティスシップとは ~コースの特徴~


アプレンティスシップ(Apprenticeship)とは、英語で見習いの意味です。
海外農業研修に参加を考えている人の中には、これまで農業に触れる機会がなかった人も多数いらっしゃると思いますが、いきなりが外国の農場で作業をしようと思ってもうまくはいきません。

そこで、まずは日本国内の農場で農作業力や農業の基礎知識を身に付けることをお勧めします。
国際農業者交流協会(JAEC)では、これまで海外農業研修に参加したOBやOGのネットワークを生かし、これから海外農業研修に参加しようという人たちの国内農場実習を手配しています。

★アプレンティスシップに参加することのメリット★

●農業に関する基礎技術・知識を身に付けることができる!
●海外農業研修の準備期間が十分にとれる!
●アグトレOBOGとつながりができ、アドバイスをしてもらえる!
●3か月以上実習を積み、所定の報告書を提出すると選考が免除される!
●実習中には一定の研修手当を受け取ることができる!

★アプレンティスシップの実施内容★
募集期間いつでもご応募いただけます。
参加条件 ① 海外農業研修に参加を希望していること
② 3か月以上の実習が可能であること
※ご応募時の年齢が海外農業研修対象外の場合、後述する選考免除条件を満たしていても海外農業研修にご参加頂けない場合があります。
負担金アプレンティスシップの開始にあたり、20,000円を納入頂きます。
■実習の詳細は、ガイドラインをご確認ください。
アプレンティスシップガイドライン(PDF)
アプレンティスシップ(国内実習)アプレンティスシップ(国内実習)アプレンティスシップ(国内実習)
★応募の手続きについて★

エントリー
以下ボタンよりエントリーしてください。本会より電話、またはメールにてご連絡を差し上げます。

面談
来会、またはオンラインで実習についてお話をします。そのうえで農場を手配いたします。

受入れ農場決定
    

農場実習
受入農家の指導の下、実務研修を行います。実習中の住居、傷害保険、食事などは農家が負担します。
毎月レポートを作成します

農場実習の終了
農場実習は原則3か月以上行います。

海外農業研修へ
    



詳しくはお問い合わせください
Tel:03-5703-0252
Fax:03-5703-0255
Email:agtre◎jaec.org
(◎を@に代えてメールを送って下さい。)

↑ページ上部へ移動
© 公益社団法人 国際農業者交流協会(The Japan Agricultural Exchange Council) All Rights Reserved.