トップページ協会概要 > 事業紹介

事業紹介

沿革 公益社団法人国際農業者交流協会(英語名 The Japan Agricultural Exchange Council 略称:JAEC)は昭和27年に設立した社団法人国際農友会と昭和41年に発足した社団法人農業研修生派米協会が農業研修生海外派遣事業等の充実強化を図るため解散統合して、昭和63年3月30日に設立されました。
その後、公益法人制度改革により平成24年4月1日公益社団法人へ名称変更を行いました。
主務官庁 内閣府
目的 協会の活動は、我が国農業青年の海外派遣、開発途上国等海外諸国の農業研修生の受入れ等を行う事により我が国農業青年の国際感覚の涵養と資質の向上、開発途上国の中核農業者の養成等に努め、もって我が国農業の発展、開発途上国農業の開発及び農業者レベルの国際交流の促進、更には世界の調和ある繁栄と平和に寄与することを目的としています。
名称 公益社団法人 国際農業者交流協会
The Japan Agricultual Excange Council(JAEC)
設立 昭和63年3月30日 (平成24年4月1日公益社団法人へ移行)
代表者 会長 野中和雄
所在地 本部事務局
〒144-0051 東京都大田区西蒲田5-27-14
日研アラインビル8階
TEL:03-5703-0251
主な事業内容 1.農業研修生海外派遣事業
2.アジア農業青年人材育成事業
3.欧州農業研修生受入事業
4.海外農村開発支援事業
5.国際化対応営農研究事業
6.情報・サ-ビス事業
海外協力団体
アメリカ
ビッグ・ベンド・コミュニティ大学財団
エクスペリエンス インターナショナル
デンマーク
デンマーク農民連盟
ドイツ
ドイツ農民連盟
スイス
スイス農民連盟
オランダ
オランダ農業交流協会
タイ
タイ国農業協同組合省国際農務部
インドネシア
インドネシア国農業省農業教育訓練省
マレーシア
マレーシア国農業省農業局
フィリピン
フィリピン国農業省農業訓練庁
ファーシ・インターナショナル
↑ページ上部へ移動