トップページ海外農業研修 > スケジュール

スケジュール

海外研修生になった!?これからどうすればいい?

合格から渡航まで

1.事前講習
アメリカとヨーロッパのコースごとに、14日間の事前講習を行います。この講習では、海外農業研修についてのレクチャーや体力作り、そして語学学習を行います。この講習は参加必須ですのでご留意下さい。

コース 地域 実施予定日 予定会場
アメリカ 東日本 平成28年10月下旬から14日間 茨城県内
西日本 平成28年11月下旬から14日間 大分県内
ヨーロッパ   平成28年10月中旬から14日間 茨城県内
ヨーロッパコースは1会場です。


2.出発時講習
アメリカコースとヨーロッパ4コース研修生は、それぞれ出発前に東京に集合して出発前講習に参加し、その後にグループで渡航します。
◆アメリカコース 平成29年3月下旬の3日間
◆ヨーロッパ4コース 平成29年3月中旬の6日間

現地研修

1.アメリカコース ~19ヵ月間の充実した時間 ~
基礎学習
渡航後最初の約2ヵ月はビッグベンドコミュニティーカレッジにて、英会話、農業概要、機械操作、そしてアメリカの生活習慣を学びます。大学の寮での生活をします。
農場実習
自分の専門分野の農場で実務研修を行います。農場での生活です。
専門学習
最後の約2ヵ月、農学部を有する州立大学(カリフォルニア大学デービス校など)で農業についてさらに深く学びます。ホームステイをすることになります。
最終旅行
帰国前に2週間程度アメリカ国内で個人旅行を行います。


2.ヨーロッパ4コース ~約1年間~
語学学習
2~3週間程度、それぞれの国の語学学校や現地協力者のアレンジで語学学習を行います。
農場実習
約11ヵ月、自分の専門分野の農場で実務研修を行います。また、この期間中に国ごとにセミナーや会合に参加し、現地農業を学び農業青年同士の親睦を深める取り組みを行います。
最終旅行
帰国前に1週間程度、欧州地域で個人旅行を行います。
↑ページ上部へ移動