羽ばたく未来をとめるな!

国際農業者交流協会は海外農業研修で視野を広げる就農志望者を支援します


国際農業者交流協会は、就農を志望する若者を海外派遣し国際感覚を養い育て、開発途上国の農業研修生の受入れで中核農業者の養成等に努め、農業の発展、開発途上国農業の開発及び農業者レベルの国際交流の促進、さらには世界の調和ある繁栄と平和に寄与することを目的としています。

ニュース

新型コロナウイルス感染症の影響による今後の海外農業研修プログラムについて

≪平成30年度アメリカ農業研修事業について≫
現在滞米中の平成30年度アメリカコース研修生は、新型コロナウイルス感染症の影響により、7月30日以降の現地プログラムを変更することといたしました。

●当初の計画
2020年7月30日~9月29日 専門学習(カリフォルニア州立大学デービス校)
9月30日~10月12日 最終研修旅行
10月13日 研修修了式(ワシントン州シアトル)
10月14日 アメリカ出国
10月15日 帰国~帰国時研修(東京都内)
10月16日 解散

●変更後の計画
2020年7月30日~10月13日 農場実習を継続
10月14日 研修生配属農家の最寄りの空港から出発
~アメリカを出国
~実家に最寄りの国際空港に帰国

変更に至った理由:
新型コロナウイルス感染症の影響により、団体行動やグループでの集合が厳しく制限されていること、公共交通機関を利用した長距離移動で、不特定多数の人との接触機会を避ける必要があるため。

専門学習の中止は、専門学習を実施する予定だったカリフォルニア大学デービス校との協議において、授業はオンラインによる限定的な内容となり、周辺施設や農場の視察・見学を実施することが叶わず、また、大学や地域のアクティビティが開催されないために研修生はホームステイ先に缶詰状態にならざるを得ないことが予想され、このような状況においては、本会が求める本来の専門学習の形を成さず、研修生にとって意義のある専門学習を実施することにはならないと判断したため。

これらにより、専門学習、最終研修旅行、研修修了式および帰国時研修を中止することとした次第です。
現在、研修生が実施している農場実習を10月13日まで延長できるよう、現地受入機関と協力しながら滞米査証条件等の確認及び計画変更の手続きを進めております。 なお、本会は現地受入機関との協議を経て上記の研修計画変更が最善と判断していますが、農場実習を当初の予定通り7月29日に終了してそのまま帰国を希望する研修生については、安全性と合理的な判断をもとに帰国の手続きを行うこととしています。

≪2019年度(令和元年度)アメリカ農業研修事業について≫
今年3月20日に渡米予定だった2019年度アメリカ農業研修生は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により渡航を延期せざるを得ず、以来、渡航待機状態が続いていましたが、アメリカ社会の状況、到着時に基礎学習を行うワシントン州のビッグ・ベンド・コミュニティ大学の受入態勢(州政府の指示により現在は受入不可)を考え合わせ、渡航が考えられるまでには更に数ヶ月を要すると思われること、また、既に研修生に発給されている米国入国査証で認められている滞米期間が渡航延期と共に短縮されていくことから、当初予定の研修計画を全うすることが難しいと判断したことにより、来年3月まで延期することを決定しました。 これにより、2019年年度アメリカ農業研修生は査証を再度申請することになり、令和2年度に応募した研修生と共に渡米することを計画しています。

なお、2019年度オーストラリアコース研修生、同年度オランダコース研修生につきましては、引き続きできる限りの早期渡航に向けて調整を続けてまいります。

研修生の皆様、ご家族の皆様、事業関係者の皆様にはご心配をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。

(2020.6.12)


新型コロナウィルス感染拡大による今年度事業への影響について

平素、本会の事業運営につきましてご理解ご協力を賜り、衷心よりお礼申し上げます。

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大は、本会のほとんどすべての事業に影響を及ぼしています。すでにお知らせいたしましたとおり、2019年度海外農業研修事業については、ドイツ・スイス研修生は現地での農業研修が開始していますが、アメリカ、オーストラリア・オランダ研修生の渡航は延期となり、研修生は国内待機となっています。平成30年度アメリカ研修生は、現地で農場実習を継続しています。 また受入事業については、我が国の水際対策の強化に伴いビザの効力(新規の発給も)が停止されたり、アセアン諸国を含め多くの諸外国からの入国が制限されたりしており、アセアン研修生の来日は6月以降まで延期、長野フィリピン(技能実習生)においては中止を余儀なくされてしまいました。また、訪日欧州研修生についても来日の目途が立っておりません。受入農家の皆様におかれましては、受け入れの準備をしていただいていたにもかかわらずこのようなこととなり大変心苦しく存じます。

派遣事業、受入事業共に、出入国に関する措置が緩和され、事業の再開等が決まりましたら、当ページにて迅速にお知らせいたしますので、なにとぞよろしくお願いします。 また、令和2年度未来の畜産女子育成プロジェクトは、参加者の安全と事業実施の見通しが難しい現状を踏まえて、中止することといたしました。ご期待いただいていた皆様、誠に申し訳ございません。

海外農業研修OB・OGの皆様におかれましては、全国的な活動自粛の状況下でさまざまにご苦労をされていることと存じます。本会は、国際農友会と協力しながら、皆様にご協力できることを模索しています。ぜひご意見・ご要望をお寄せください。

皆様にはご不便、ご心配をおかけすることとなりますが、なにとぞご理解いただけますよう切にお願い申し上げます。どうぞお体に気を付けてお過ごしください。

(2020.4.30)


海外各国で研修中の農業研修生のみなさんへ
---新型コロナウィルス(COVID-19)に関する協会の方針---

現在、アメリカ本土およびハワイ州、ドイツ、スイスにおいて、研修生のみなさんはそれぞれ現地滞在して農場実習を行っています。
新型コロナウィルスの世界的な感染拡大に加えて、我が国では緊急事態宣言が発令された現在、参加する研修生たち、そのご家族並びに関係者の皆様におかれては、さぞご心配されていることと存じます。

本会は、研修生の安全を第一として今後のプログラム運営を決定していくこととしていますが、現時点では、中断またはプログラムの変更のいずれの決定的な判断もしかねる状況にあります。 各国ごとに新型コロナウィルス対策に違いがあり、概ね他者との接触を制限する方策がとられています。その観点から、農場という限られた地域、空間の中で特定の人たちとの限定的な接触ですむ農場実習は、不特定多数の人と交わる可能性がある都市部であったり、駅、空港等を通過するよりも、安全かつ安心であると判断しています。また、現在、集団での移動、帰国が困難であること、帰国後は一時指定された期間、場所に隔離となることを考えると、本会が十分な責務を果たすことができないと考えています。

アメリカで研修中の皆さんは、当面は農場の指示に従い、不要不急の外出を控えながら研修を続けてください。7月末からカリフォルニア州での2か月間の専門学習を予定していますが、今後、新型コロナウィルス感染拡大の状況、および、それに対する行政や専門学習関係者の見解も加味した方針を決定しなくてはならないと考えます。その最終的な決定は近々お知らせいたします。 ドイツとスイスにて研修中の皆さんは、当面は農場の指示に従い、不要不急の外出を控えてください。春季会合等を予定していましたが、現在の状況ではどの様にするべきかまだ決定できていません。

最後に、引き続きの手洗いうがい、咳エチケットの励行をお願いするとともに、普段から発熱や体調の変化に注意して、もし、変だなと思うことがあれば、農場主、また、本会職員に相談してください。 皆様のご理解ご協力に心から感謝申し上げます。

(2020.4.10)


新型コロナウイルスに関する各国への研修生の渡航に関する最新情報について

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、世界中の国々で入国時の防疫の強化や制限が行われています。
本会では各国の政府、大使館、領事館、日本の外務省などの関係機関の発信情報、及び現地受入組織から、常時、新着情報を収集しています。
これまで本会では研修生が安心して研修を開始できるよう準備を進めてまいりましたが、日本国内や渡航先の状況により、3月4日時点でご案内した研修生の出発につきましても、以下の通り変更することといたしました。

欧州:【ドイツ・スイス】3月10日(火)予定通り渡航済
【オランダ】渡航延期
オランダでは日本からの渡航者への入国制限は出ておりませんが、欧州での急激な感染拡大の影響を受け、3月26日(木)の出発を延期することとしました。

豪州:渡航延期
豪州への渡航者には現地到着後、14日間の自己隔離措置が義務づけられました。
本会では隔離環境を確保し、オンラインによる講義等を行うことで研修を実施することも検討しておりましたが、現地医療機関が限られていることなど研修生の安全を考慮したうえで3月20日(金)の出発を延期することとしました。

米国:渡航延期
米国、特に研修生が到着後最初の2ヶ月間を過ごすワシントン州内では新型コロナウイルス感染が拡大しています。
日本からの渡航者への入国制限は出ておりませんが、受入大学側からすべての研修生を受け入れるための隔離施設や人的リソースが確保できないとの連絡を受け、研修生の安全を考慮したうえで3月20日(金)の出発を延期することとしました。

皆さまのご理解ご協力を頂きますよう、宜しくお願い致します。

(2020.3.17)


皆さまへ

平素より本会の事業運営につきまして、ご支援を頂き誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、日本国政府の対応や諸外国の対策など、海外農業研修事業に関連する様々な取り組みについてご不安を感じていらっしゃることと存じます。 本会では、世界中に海外研修生を送り出すとともに、農業研修生を受け入れており、受入農家の方々や大学等の教育機関と連携し、農業研修事業を行っております。また、各国送出・受入機関と協力し、研修生が安心してプログラムに参加できるようサポートしております。 現在は、各国在外公館をはじめ、外務省、厚生労働省などから配信された情報を参考に、各国送出・受入機関等と適切な協力体制をとっております。

これまでの事情を踏まえて、3月に実施予定であった日本国内の出発時・帰国時の式典等行事は、ご家族、関係の皆様への影響を考慮し、中止することといたしましたので、何卒ご了承下さい。なお、研修生の出発日(出発便)、帰国日(帰国便)については、現在のところ変更はございません。 本会は今後も新型コロナウイルスに関連する情報収集を行い、状況に合わせて必要な対応を速やかに実施してまいります。

何卒ご理解ご協力を頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

(2020.3.4)

●求人情報を掲載しました

応募を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

●最新情報はJAECのフェイスブックページにて随時更新中!

国際農業者交流協会(JAEC)facebookはこちら

●海外農業研修がまるわかり!最新動画を公開します!

海外農業研修

●令和2年度の海外農業研修募集開始!!

新年度の準備を進めております。
ぜひたくさんの方にご参加頂きたいと思います。

●未来の畜産女子育成プロジェクト事業実施報告

平成31年度 ニュージーランド酪農研修を実施しました。
将来女性農業者のリーダーになるために、酪農が盛んで女性就農者が大活躍しているニュージーランドで20名のアンバサダーたちが実習を行いました。
実施報告ページ

受入事業

●令和2年度受入事業

今年度もタイ・インドネシア・フィリピンから研修生を受け入れています。



2020年2月14日
求人の応募を締め切りました。
2020年1月16日
求人情報を掲載しました。
2020年1月9日
九州ブロック 開催概要を掲載しました!

【公式】国際農業者交流協会(JAEC)提供 海外農業研修(アグトレ)紹介ムービー

↑ページ上部へ移動
Copyright © 公益社団法人 国際農業者交流協会(The Japan Agricultural Exchange Council) All Rights Reserved.