TOP > 海外研修生の受入 > 受入事業について

研修プログラムの目的・内容
◆アジア農業青年人材育成事業◆


プログラムの目的

この事業は、日本政府ODA事業(政府開発援助)の一環として、アセアン諸国等の農業青年を我が国に招致し、基礎研修と専門研修を組み合わせた11ヶ月の農業研修を通じて、我が国の先進 的農業技術、農業経営、農産物の流通、加工、農業者組織の役割、意義などを学ばせることにより、 総合的視野にたった自家経営の改善と、地域農業社会の近代化の推進に寄与し得る先導的農業者の育成に協力するとともに、我が国農業者との交流を通じて相互理解の増進に寄与することを目的 として実施しています。


内容(平成27度)

研修区分 実施期間 研修場所
★基礎研修★

  オリエンテ−ション
  日本語講習
  農業関連講義
  機械講習
  農家配属(4/24)
平成27年
4月10日〜4月24日
東京都
(オリンピックセンター)

茨城県
(鯉渕学園農業栄養専門学校)
(農林水産研修所つくば館水戸ほ場)
★専門研修★

  農家研修
4月25日〜8月16日 岩手県、宮城県、福島県、栃木県、千葉県、 埼玉県、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県、富山県、福井県、愛知県、奈良県、京都府、兵庫県、 和歌山県、岡山県、広島県、愛媛県、高知県、福岡県、熊本県、宮崎県
  学課研修
  機械講習
8月17日〜8月27日 茨城県
(鯉淵学園農業栄養専門学校)
(農林水産研修所つくば館水戸ほ場)
  農家研修 8月28日〜
平成28年2月21日
上記と同じ受入農家
※地方研修 (2日間:各受入県)
★最終研修★ 

  修了式(2/24)
  帰国(2/25)
平成28年
2月22日〜2月25日
東京都
(オリンピックセンター)

研修生内訳 人数
タイ国農業研修生 15人
インドネシア国農業研修生 15人
マレーシア国農業研修生 7人
フィリピン国農業研修生 17人
合計 54人


>>研修生のお国情報はこちら





Copy Right 公益社団法人国際農業者交流協会