TOP > 海外長期農業研修

長期で海外農業研修

>>米国研修事情

ここでは米国配属農場の紹介をしております。 アメリカの大地で生き生きと頑張っている研修生の写真と共に、米国での研修の様子を現地支部職員のレポート形式で掲載しています。

>>アメリカコース

アメリカ本土・ハワイでの研修についてはこちら  約4ヶ月間の大学における学習と約14ヶ月間の農場実習を効果的に組み合わせた理論と実践の両面から農産物市場・流通及び農業経営の研修ができます。また、帰国前には約2週間の自由研修旅行を行ないます。

 渡航までに講習(2週間)がありますので、語学学習等の指導を受けることができます。大学等の教育機関を卒業直後に参加する方、あるいは、実習経験が不足している方などにとって安心して参加できるプログラムです。
 平成26年度の場合、研修期間は約19ヶ月(渡航予定:平成27年3月)です。

>>ヨーロッパコース

ヨーロッパ各国での研修はこちらデンマーク、ドイツ、スイス或いはオランダで農場実習を行なう、OJTプログラムです。

 各国別に現地到着時の語学講習、実習期間中開催される各種セミナーや会合が用意されています。また、帰国前には、自由研修旅行を行ないます。

 渡航までに語学や現地事情を学ぶ講習(2週間)を受けて頂きます。
 平成26年度の場合、研修期間はいずれの国も約13ヶ月(渡航予定:平成27年3月)です。

>>各コース・アプレンティスシップ
(次年度渡航の国内準備型プログラム)

国内農家実習と海外農家実習のダブルトレーニングで研修成果を十分に高められます。帰国後の就農を真剣に考えている方をはじめ、これから農業を勉強したい方にもぴったりのじっくり型コースです。

次年度(平成27年度)各派遣コースの準備生として、充実した国内農家実習を経て、次年度研修生のプログラムに合流します。渡航は平成28年3月(予定)です。

アグトレマイレージ(※1)を同時に活用することで、研修参加費の負担を軽減することも可能です。

現地研修については上記各コース(アメリカ・コンビネーション、欧州各国プラクティカル)のスケジュールをご参照下さい。ただし、次年度渡航の為、内容については若干の変更が生じる場合があります。

※1)アグトレマイレージとは

 本協会に事前登録を行ない、本会が指定する農家において実習を行なうと、実習期間に応じたポイントが貯まり、そのポイントに相当する金額が研修参加費から差引かれるシステムです。各コース・アプレンティスシップでの参加を希望される方をはじめ、1ヶ月以上のまとまった期間、農家実習が可能な方を対象とします。詳しくは派遣業務担当までお問合せ下さい。

>>帰国後の進路

帰国した研修生たちの進路について説明しています。

>>活躍するOB・OG(研修後の事例)

当協会の派遣事業を卒業したOB・OGたちは、現在その経験を活かしてさまざまな分野で活躍しています。そんな彼らのほんの一部の事例を紹介させていただきます。

>>応募から渡航まで

応募から実際に各派遣国へ渡航するまでの一連の流れを簡単に説明しています。

>>プレエントリー(応募仮登録)

各海外農業研修へ応募するには、まずこちらから(プレエントリー)仮登録をしていただきます。登録していただいた情報をもとに、後日正式な申込用紙等をお送りいたします。

>>説明会のご案内

各コースの詳細や応募から渡航までの手続きなど、協会職員や関係者が皆さまに直接説明する機会を設けます。 資料やHPだけではわからなかったことも、この場で全て解決です! 奮ってご参加ください。 詳しい日程や場所については当コーナー内で随時アップしていきます。

>>よくある質問

当協会へ皆さまからよくいただく質問についてまとめてあります。

>>資料請求・ご質問

この事業に興味を持たれた方、ぜひ資料をご請求ください! また、研修内容などご質問もこちらで承ります。

>>県別問合せ先

当協会に関する事業については、まず皆さまがお住まいの都道府県内にある担当窓口へお問合せください。

>>募集要項

各コースの具体的な募集内容については、こちらをご覧ください。応募資格もこのコーナーで掲載しております。

 

 

TOPへ戻る
Copy Right 社団法人国際農業者交流協会