ドイツ研修生たちの夏をお届けします。
Bier und Brezel
Neuschwanstein
夏の旅行へいってきました
ドイツ研修生たちは夏の1週間の休暇を利用してドイツ中を見て回ったようです。日々の農場での農作業から開放され、半年で培ってきたドイツ語力を駆使して新しい発見、出会いを楽しんだようです。 南ドイツへ出かけて、 バーデンバーデンでヨーロッパ式温泉を経験したり、ハイデルベルクローテンブルクなどの名所を見て回ったり、もちろん新白鳥城も行きました。
北ドイツやベルリンまで足を伸ばした研修生もいました。みんな 夏のドイツの素晴らしい雰囲気を満喫しました。

皆でいっしょに 農場でのエピソード
≪K研修生のお話≫
ある日の昼食での話である。その日はたまたまシェフ(農場主)も自分もひげがモジャモジャだった。シェフの母親はそんな二人を見て、「二人ともすぐにひげを剃りなさい、10歳も老けてみえるわ!」 と言った。僕はこれまでもあごひげを残して再三注意されていた。
僕はすぐにシェフとアイコンタクトを取り予め考えておいた言い訳を始めた。
シェフ「10歳老けてもママより若いよ」
僕「10歳老けてもシェフより若いよ」
よし!完璧だ。これで言い返せないだろうと思ったら…、
「あなたは結婚したばかりだからそんな姿じゃ奥さんに嫌われるわよ!マサ(僕)は若いのに白髪が多いからプラス3歳でシェフより年上ね!」
ガーン!
その一言が心に突き刺さり、昼休みにはすっかりひげを剃ることにした。シェフも翌日ひげを剃って現れた。

夏の外国人セミナー
セミナー参加者
夏の外国人セミナー
ドイツで農業研修している他国の研修生たちと一緒に農業視察や農業の講義を受けました。
今回は畜肉加工場や鉢物農家、農業機械会社、ビール工場などを視察しました。分野が比較的畜産、畑作に偏っていたので果樹や花卉を専攻している研修生にはちょっと畑違いだったのかな?
PageTop to page top


Copyright (C) 2007 JAEC Europe Office, all rights reserved.
omo