柔軟さと発想が生み出す新しい農業を学ぶ
オランダ王国 Nederland オランダ旗

[Top]

現場というのは大切です。パンフレットや文章では伝わらないモノで満ち溢れているのだから。
最先端の農業とは、世界の園芸とは、それを十分に見せてくれるのがオランダです。



オランダ王国
オランダには山らしい山は見当たりません。Nederlandの名のとおり“低地”であるオランダは地平彼方まで平らな土地が続きます。 国土面積41500平方キロメートルは北海道の約半分の大きさです。その大地には約1630万の人々が暮らしています。 国は12州で構成され、首都はアムステルダム。ただし政治の中心はデン・ハーグです。 オランダといえばエダムやゴーダに代表されるチーズ、木靴、風車、チューリップなどがよく知られています。 ゴッホやフェルメールなどの画家を生んだのもこの大地です。
大昔から先人が苦労して風車で干拓した大地と運河がオランダの文化を育んできました。水の流れのように柔軟なものの考え 方や風のように生まれてくるアイデアはずっとこの土地に住む人々に受け継がれているのかもしれません。
公用語はオランダ語ですが、多くのオランダ人が英語、ドイツ語、フランス語を解します。


農業
花で有名なキューヘンホフ公園をご存知の方も多いでしょうがオランダといえば花の国というイメージがあるのではないでしょうか。 オランダには世界でも屈指の花卉流通市場があります。世界と繋がる確立された巨大な市場で世界各国に搬送搬入される 様子には圧倒されます。MPSやMBT、ISO 9001など花卉や野菜の品質や環境基準を認証するシステムがいち早く取り入れられており、園芸の最前線は今オランダにあるといえるでしょう。
オランダ各地できらきらと太陽の光を反射するガラスの海が見られます。“ガラスの海”というのは温室のことです。施設栽培の進んだ オランダは花も野菜も大規模施設で育てられます。最新の技術、効率的な農法を取り入れた施設園芸が広く普及しているのです。
畜産においては平坦な土地を利用した酪農が盛んで、近年はロボット搾乳など最新技術の導入も多く見られます。 運河や水路で区切られた草地には伸び伸びと乳牛たちが放牧されている風景が見られます。


研修
オランダ研修では
の研修が可能です。
参加資格
参加方法はこちらをご覧下さい



[Top] [デンマーク] [ドイツ] [スイス]